アルカスイス互換の雲台で使える頑丈なスマホホルダー

私の趣味はカメラです
このコロナ禍で、仲の良い友達とオンラインで話したりするときは、一眼カメラをPCに繋げてしたり始めはしていました

ただ、毎回となると、準備がめんどくさい
そして、子供を見せ合うためには、圧倒的に機動力が足りない

そこで、機能も上がってきているスマホのカメラでそのまま行うことが多くなりました
そこで問題になるのが、スマホスタンドです

そこで今回は、カメラ好きにとっては何かと便利なスマホホルダーを紹介したいと思います

目次

どんなスマホホルダー?

スペック

ジャンルスマホホルダー
メーカーUlanzi
製品名ST-27
材質アルミ合金
サイズS:300mm、M:360mm、L:440mm
参考リンク楽天Amazon

私が、このスマホホルダーに求めた機能

スマホで電話会議を行おうとした時に、ミニ三脚に取り付けるととても便利で、相手からも見やすくなります

スマホをミニ三脚に取り付けるメリット
  • 高さを出せる
  • 角度を自由に決めれる
  • 移動の際にハンドルにできる

ただ、カメラも載せるためにアルカスイスクランプの雲台を載せているといちいち外すのが面倒です
そこで、そのままアルカスイス互角の雲台に取り付けられるスマホホルダーを探したところ本製品を見つけることができました

特徴①:アルカスイス互換雲台に固定可能

前述した通り、底面が台形になっており直接クランプすることが可能です
クランプする部位もアルミ合金となっているため、破損のリスクもかなり低いです

注意点としては、公式にアルカスイス互換を謳っている訳ではないので、雲台側によっては取り付けできない場合をあるかと思います
一応、私がみっているアルカスイス互換のクランプは全て取り憑きましたので、特殊なものでない限り大丈夫かと思います

特徴②:安心のロック機構

本スマホホルダーの可動部位は、2ヶ所です
それぞれでロックが可能で、手でもかなり硬くロックがかけれます

  • スマホクランプ部位 →バネありなので危険ないならそのままでもOK
  • クランプ部位の回転機構 →90度毎で固定

難点は、それぞれにロック方向や対象の機能の表記がないことです
覚えることが出来ればかなり使いやすそうですが、毎日使うものでもないのでなかなか難しそうです

特徴③:複数のカスタマイズ性

正直期待してなかったんですが、全身がアルミ合金でできているためか、ネジとコールドシューが結構多めに取り付けれます
外部マイクや小型のライトも取り付けれるので、今後買い揃えていくことも可能です

カスタマイズ性
  • 本体底面:1/4ネジ×1ヶ所
  • 本体背面:1/4ネジ×2ヶ所
         コールドシュー×1ヶ所
  • スマホクランプ部:両端にコールドシュー×2ヶ所毎

補足:スマホクランプ性能

最後に一番重要な基本機能、クランプ性能についてです
私が実測して可能そうな値になりますので必ずしも保証できる内容でない点ご了承ください
ただ、一般的なスマホであれば大抵大丈夫だと思います

スマホクランプ性能
  • スマホ厚:MAX15 mm
  • スマホ幅:MAX900mm

まとめ

アルカスイス互換と謳っているもので、意外と安価なものはない
というか、もともと謳っている製品が少ない
三脚に付属しているものなら多々あるが、単品での購入は難しい

この製品は、全体がアルミ合金ということもあり頑丈で壊れる心配もなく
クランプ後の安定してスマホを保持することができる

一つ持っておくと、汎用的に使えて便利なのでご検討してみてください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる