海外発表されたα7Ⅳはどんなカメラ?現行と比較する

10/21にてα7Ⅳが「海外のみ」で発表されました
現行の機種であるα7Ⅲとα7SⅢを比較対象として、α7Ⅳの立ち位置を考えてみます

目次

基本情報

スクロールできます
機種 α7Ⅲ α7Ⅳ α7SⅢ
発売日2018年3月23日いつなんや?2020年10月9日
画像処理エンジンBIONZ XBIONZXRBIONZXR
EVF(ファインダー)235万ドット369万ドット約943万ドット
液晶モニタ92万ドット103万ドット 144万ドット
光学手ブレ補正5段 5.5段5.5段
電子手ブレ補正アクティブモードなしアクティブモードありアクティブモードあり
グリップ小指余り グリップ大型化後 グリップ大型化後
HDMIマイクロHDMI フルHDMI フルHDMI
モニタ方式チルトモニタバリアングルバリアングル
記録媒体片方のみ
UHS-II に対応
両スロット
SDXC/SDHC
(UHS-II/UHS-I)対応
片方のみ
CFexpress Type A対応
両スロット共
CFexpress Type A
SDXC/SDHC
(UHS-II/UHS-I)
メニューシステム旧メニューシステム新メニューシステム 新メニューシステム
重量※1650g658 g699g
126.9mm131.3 mm128.9mm
高さ 95.6mm96.4mm 96.9mm
奥行き73.7mm 79.8mm 80.8mm
参考リンク楽天Amazon検討中だと? 楽天Amazon
※価格は価格.comから、10/7時点より
※1重量はバッテリーとメモリーカード含む

まずは、センサーや外観、インターフェイス等の基本的な仕様についてです
大部分がα7SⅢ寄りとなっていますが、注目すべき点は⇩になります
なお、α7Ⅳにしかない機能は最後にまとめています

EVF:369万ドット

前モデルから改善されていますが、無難に改善されたレベルです
以前マイナーチェンジされたα7RⅢと同等の解像度を持っています
実用上は問題なさそうです

液晶モニタ: 103万ドット

改善されたとはいえ、低いです
EVFと違いα7RⅢよりも低いです
少しがっかりポイントです

記憶媒体:片方のみCFexpress Type A対応

コレは全く問題ないかと思います
このクラスを買う方は、ほぼ安価なSDカードを使うでしょうし、必要でも1スロットでもあれば十分と思います

静止画性能

スクロールできます
機種 α7Ⅲ α7Ⅳ α7SⅢ
発売日2018年3月23日2021年10月21日?2020年10月9日
画素数約2530万画素3300万画素約1210万画素
連続撮影速度最高約10コマ/秒最高約10コマ/秒最高約10コマ/秒
HEIF形式未対応対応対応
クリエイティブルック 全10種類
+カスタム登録
全10種類
+カスタム登録
AF測距点数
(フルサイズ時)
693点759点759点
瞳AF(静止画) 人間人間/動物/鳥 人間/動物
常用ISO100~51200100~5120080~102400
拡張ISO50〜20480050〜20480040~409600
参考リンク楽天Amazon検討中? 楽天Amazon

先ほどと同じようにα7SⅢと違う点を見ていきましょう

高画素化:3300万画素

画素が高い=きれい=良い ではなく、それぞれ一長一短があります
ワークスタイルや好みによって分かれるため理解した上で検討しましょう

約1210万画素=α7SⅢ
約3300万画素=α7Ⅳ
  • データ容量が小さい
  • データ転送が早い
  • 大判印刷が難しい
  • 現像時にクロップがしにくい
  • 暗所に強い傾向
  • データ容量が多い
  • データ転送に時間がかかる
  • 大判印刷が可能
  • 現像時にクロップがしやすい
  • 暗所に弱い傾向

AF測距点数

AFの測距点はピントをあわせるポイントです
数が多いほど、AF精度が高くなります
α7Ⅳは上位機種のα7SⅢやα1と同じ測距点数になります

瞳AF(静止画)

α7SⅢから更に進化した点です
人間+動物に追加で、鳥まで対応しています
またα

ISO感度

これは当たり前ですが、α7SⅢがダントツです
ただ、α7Ⅲから一切進化がない点は残念な点です
実際のノイズの発生状況等に変化がないかは実機での確認が必要です

動画性能

スクロールできます
機種 α7Ⅲ α7Ⅳ α7SⅢ
記録モード最大4:2:2 8bit最大4:2:2 10bit 最大4:2:2 10bit
4K30p6Kオーバーサンプリング7Kオーバーサンプリング全画素4K読み出し
4K60p 不可4.8Kオーバーサンプリング
※Super35クロップ
全画素4K読み出し
4K120p 不可不可全画素4K読み出し
4K記録方式
XAVC S 4K
XAVC HS 4K
XAVC SI 4K
XAVC S 4K
XAVC HS 4K
XAVC SI 4K
XAVC S 4K
14ビットRAW不可対応対応
ピクチャープロファイル PP1-PP10PP1-PP11 PP1-PP11
S-Cinetone対応対応
瞳AF(動画)人間人間/動物/鳥 人間
参考リンク楽天Amazon 楽天Amazon
※価格は価格.comから、10/7時点より

同じようにα7SⅢに満たない点を整理していきます
一番は撮影フレームレートの差になりますが、それ以外はほぼ同等となっています

撮影フレームレート

α7SⅢとの一番の違いと見ています
4K撮影では120pが不可、60pとなります
そして60pでスーバー35mmでのクロップが発生します

瞳AF(動画)

静止画と違い、動画での進化はより一段大きいです
α7SⅢ、α1を見ても対応していなかった動物に加え、そのまま鳥にも対応してきています
既存機種に対しては今後のソフトアップデートでも対応してきそうですが、α7SⅢで静止画での鳥への対応が未なところを考えると確実とは言えなさそうです
個人的には、α1とα7ⅣはAFで同じアルゴリズムを採用されているとのことなので、α1のみ対応になると予想しています
実際、α7SⅢに動物や鳥の瞳AFが切望されているかと言うと少し謎ですしね

固有の変更点

最後にα7Ⅳ固有の変更点についてです

フォーカスマップ機能

フォーカス点を色分けして表示してくれる機能です

フォーカスブリージング補正

フォーカスの位置によって画角が変わってしまレンズがあります
ソニー製レンズに限り、初めから画角をクロップしておくことで、変化をなくす技術です

モード切替ダイヤル

静止画・動画・S&Q の3モードを直接切り替えるダイヤルが追加されました
場所はもともとのモードダイヤルが2段になる形で追加されています

ダイヤルで静止画・動画を切り替えることで、⇩が専用に切り替わるようです

  • メニュー
  • Fnキー項目
  • カスタム設定
  • モニター表示情報

露出ダイヤルのカスタム

露出ダイヤルの刻印がなくなり、カスタム可能となりました

シャッター閉幕機能

α1で設定されていたシャッターが追加されました
レンズ交換時にダストが入るのを防いでくれます

5GHz帯のWi-Fi対応

高速な通信が可能なり、携帯等へのデータ転送が高速化されます

まとめ

α7Ⅲからの進化

進化というよりかは別物で、価格帯を見てもワンランク上になりました
ソニー内でいうとα7RⅢに似た立場で、α7RⅢを写真専用機とすると、α7Ⅳは写真と動画の中間機になります
ランクでいうと、α1とα7Ⅲの間に位置するような感じに思えました

かなり強引に言うとですが、α7Ⅲと撮れる写真は極論変わらないです
変わるとしたら、①高画素化、②色合い ③AF性能 の3点ですが

  1. 高画素化 → A2以上で印刷したりしない限り不要
  2. 色合い → 現像で作り込み可能
  3. AF性能 → 画質としては影響無

そのため、あくまで動画でも併用するという前提での機種になっています
もちろん、操作系でのアップデートはかなりの内容と思いますが、そこに10万近い価値を見出すか?です

α7SⅢとの差別化

逆に、動画性能は決定的な差が存在します
それは4Kの120p撮影の有無です
スローモーションを使う人にとっては致命的な点となりますが、実はそれ以外に写りに対して大きな差は見られません

オーバーサンプリングの効果もあるかと思いますが、撮っている本人は気づいても視聴する側の人たちにとってはそう変わらないと私は思います
少なくともそのためだけにお金を出す人がいたら、もっと上を買うことをオススメしたいと思います

どんな人におすすめか

  • 写真も動画も両方撮る
  • スローモーションを使うほど動画は撮らない
  • 1台で切り替えながら撮影する
  • 多少重くなってもいい画が撮りたい
  • フルサイズ入門機からワンステップ上がりたい

等の人にはオススメできると思います
特に上3点については当てはまる方はぜひ検討に入れるべきかと考えます

最後に

私はα7Ⅳを購入したいと考えています
上記での人物上にガッチリハマってしまいます

でも現状、悲しいことに日本での発売そのものから不明な状態です
その上、海外のソニーサイトの情報を見ても、発売日が1/1になっていたりと我々の手元に届くのは当分先のようです。
発売されないようであれば、α7SⅢを狙う話しになるので、いろいろ調整が必要になりそうです

とりあえず、値段も日にちもいいから発売確定とだけでも言って欲しいこの頃です

リンク

海外ソニーの発表動画

海外のソニーサイトです

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる