私がα7Ⅳを買うと決めた理由

α7Ⅳが12月17日に発売されました

予約は12月7日から開始されましたが、予想よりも値段が高かったため少し躊躇してしまい12月9日に予約
結果、手元に届いたのは1月16日となり、約一月お預けを食らいました

今回は、素人ながらα7Ⅲを持っている私がなぜα7Ⅳを購入したか?についてお話ししたいと思います

目次

α7Ⅳとは?

まずは、主要なスペックから

スクロールできます
機種 α7Ⅲ α7Ⅳ α7SⅢ
発売日2018年3月23日2021年12月17日※12/7予約開始2020年10月9日
画像処理エンジンBIONZ XBIONZXRBIONZXR
EVF(ファインダー)235万ドット369万ドット約943万ドット
液晶モニタ92万ドット103万ドット 144万ドット
光学手ブレ補正5段 5.5段5.5段
電子手ブレ補正アクティブモードなしアクティブモードありアクティブモードあり
グリップ小指余り グリップ大型化後 グリップ大型化後
HDMIマイクロHDMI フルHDMI フルHDMI
モニタ方式チルトモニタバリアングルバリアングル
記録媒体片方のみ
UHS-II に対応
両スロット
SDXC/SDHC
(UHS-II/UHS-I)対応
片方のみ
CFexpress Type A対応
両スロット共
CFexpress Type A
SDXC/SDHC
(UHS-II/UHS-I)
メニューシステム旧メニューシステム新メニューシステム 新メニューシステム
重量※1650g658 g699g
参考リンク楽天Amazon楽天Amazon 楽天Amazon
※価格は価格.comから、10/7時点より
※1重量はバッテリーとメモリーカード含む

詳細は↓の記事を参考にしてください

あわせて読みたい
海外発表されたα7Ⅳはどんなカメラ?現行と比較する 10/21にてα7Ⅳが「海外のみ」で発表されました現行の機種であるα7Ⅲとα7SⅢを比較対象として、α7Ⅳの立ち位置を考えてみます 【基本情報】 機種 α7Ⅲ α7Ⅳ α7SⅢ 発売日2018年3...

どんなカメラか?

おすすめな人
  • 写真も動画も両方撮る
  • スローモーションは使わない
  • 1台で完結させたい
  • フルサイズ入門機からワンステップ上がりたい

【現状】α7Ⅲでの不満点

α7Ⅲで初めてシャッターを切った時、衝撃を受けた記憶は今でも忘れられません
そして、今でも十分な絵を撮像してくれています

そんなα7Ⅲに不満点なんてないのか?
↓にも書きましたが、些細な点ですがありました

あわせて読みたい
そろそろモデルチェンジ(?)α7Ⅲの残念なポイント 2018年発売された当初は、名機といてカメラ業界の注目を集め今でも人気のあるカメラとなっていますですが、近年後発機種が多数でており若干影が薄くなってきている感も...
α7Ⅲの残念なポイント
  • メニューが使いずらい
  • 残念なポイント3点
  • チルトモニター

なぜα7Ⅳを購入したか?

本題です
私が購入の決断した理由と、実際に一ヶ月使用してみて感じたメリットを紹介します

α7Ⅳのここがいい!
  • 写真と動画の切り替えが早い
  • バリアングルモニター
  • カスタムの幅が増えた
  • メニューがわかりやすく動作がサクサク

写真と動画の切り替えが早い

α7Ⅲ
α7Ⅳ
  • ダイヤルを半周カチカチと回す
  • 片手では困難
  • ピクチャープロファイルが引き継がれる
  • ダイヤル下のレバーを一つ切り替え
  • 片手でOK
  • ピクチャープロファイル含め設定を個別の管理可能

α7Ⅳから、写真・動画・S&Qを別のレバーで瞬時に切り替え可能です
ただ、手が小さい方は片手操作が少し難しい距離感です

ピクチャープロファイルなどの設定を写真と動画で別々に保持することができます
そこで、私が不安に思っていた点があります
写真はAモード、動画はマニュアルモードで撮影で撮影したい時、どうなるのか?です

写真⇄動画が個別選択になったことで、モード選択は切り替えた後でもそのままでは保持されてしまいます
そこで、動画だと選択できる「フレキシブル露出モード」を活用することになります
それにより、モードダイヤルはほぼ写真用となり、動画と個別の露出を設定できます

フレキシブル露出モード

絞り値、シャッタースピード、ISOをそれぞれオート(自動)か、マニュアル(手動)を個別に設定することができます
それぞれのオート⇄マニュアルの切り替えはカスタムボタンを設定することで瞬時に切り替えできるようになります

バリアングルモニター

α7Ⅲ
α7Ⅳ
  • チルトモニター
  • 光軸とずれないため構図を調整しやすい
  • 上下方向であれば瞬時に傾けれる
  • 左右には傾けれず、被写体方向にも向けれない
  • バリアングルモニター
  • 被写体方向にもモニターを向けれて自撮りがしやすい
  • モニターを内にすることで保護できる
  • 縦構図でもモニターを斜めにすることができる
  • 傾けるためには展開する必要があり光軸からモニターが外れる

それぞれメリット・デメリットがあります
私がバリアングルモニターを使いたかった一番の理由は、「縦構図でモニターを傾けたい」からです

私は子供をよく撮影するのですが、視線を合わせるためローアングルで撮影することが多いです
また、スマホの待ち受けにしたりするのには縦構図の方が使いやすかったりします

しかし、チルトモニターだとモニターが確認することができなかったので、勘で撮影していました
バリアングルモニターであれば構図を確認しながら撮影できます

カスタムの幅が増えた

α7Ⅲ
α7Ⅳ
  • 録画開始ボタンが押しにくい
    シャッターボタンでも録画開始するか?の選択しかなかった
  • マニュアル時に露出ダイヤルが無駄
  • 設定できる項目がそもそも少ない
  • 録画開始ボタンがどのボタンでも設定可能
    そもそも、初期も押しやすい位置に変更
  • 旧露出ダイヤルに他機能を割り当て可能
    マニュアルモードのみ有効にすることも可能
  • 設定したい項目は大体ある
    できない時はそもそもできない
  • 設定方法も細かく分かれていてわかりやすい

α7Ⅲで結構カスタムボタンは使っていました
ただ、ピクチャープロファイル切り替え機能を割り当てることができずにいました
(写真⇄動画で切り替えた際に設定が引き継がれてしまう点をこれで改善したかったのですが)
ただ、今回はしっかり割り当てることができています。

カスタムボタンとは少し逸れるのですが、録画ボタンがα7Ⅲがファインダーの横でしたが、α7Ⅳになってシャッターボタンの手前になりました
正面に構えた状態でないと片手で押すことができなかったのが、ローアングルの状態でも片手で録画開始できるようになり地味ですが写真動画兼用機としては外せない改善点です

メニューがわかりやすく動作がサクサク

ここは実際の操作感になるので、なかなか言葉で伝えずらいところです
具体的に動作速度がわかる点としてフォーマット速度がかなり上がっています

α7Ⅲ
α7Ⅳ
  • 64GBSDカード:8s
  • 256GBSDカード:12s
  • 64GBSDカード:2s
  • 256GBSDカード:4s

3〜4倍もの速度でフォーマットが完了します

私は写真をPCに取り込んだ後すぐに、SDカードをフォーマットしています
動画を撮るようになってから容量を結構食うようになって、途中で容量不足で停止しないようにです
いつも、フォーマットを待つ時に置きっぱなしにしてしまい、電源を落とし忘れが多発していましたがこの速度であれば置く前に終わってしまうので切り忘れ防止にもつながりました

まとめ

正直、前モデルとなるα7Ⅲとの比較で、「撮れる写真」は大きく変わらないと思われます
私にとっては画素数が上がったことでトリム耐性が上がったくらいです
※クリエイティブルックでJPGの色合いがよくなった点も現像するのであれば変わりません

ただ、自身の子供が一番の被写体である私には、α7Ⅲでの操作間違えや切り替えの手間取りにより撮影チャンスを逃した時はたくさんあります
また、操作の快適性や撮って出しの色合いが改善されている点は、より多くの写真を処理・保存することができることに繋がります

高い買い物ではありますが、より撮影自体に集中できる環境を整えるためにはとても良い決断だったと感じています

地味にアンチダストシャッターが追加されているのも良き

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる